のぼり旗のデザインで人気を獲得し繁盛するポイントは何?

のぼり作りで気になること。この際しっかり聞いておこう!

のぼりはあくまでも販売促進のためのツールであり、人気や繁盛までを背負うツールではない。入店客を満足させることが大事。

のぼり作りで気になること。この際しっかり聞いておこう!のメイン画像

のぼり旗のデザインで人気を獲得し繁盛するポイントは何?

のぼりはあくまでも販売促進のためのツールであり、客足を店やイベントに向かわせることが最大の役割。

そこから先は店主やイベント主催者の腕によります。

【関連記事】ラグビーW杯 のぼり旗掲げ成功誓う 掛川

◆自分の店の売りを絞る&タイトルを決める。

のぼりの表現力を高めるには、店の売りは何か、まずそれを一点集中ではっきりさせることです。

アレコレ、訴えたいことはたくさん出てくるでしょうが、のぼりは小さな縦長の限られたスペースですから、“他店とは違う自慢のポイントを1つに絞って訴求すること”が大事です。

次にそれにあった表現、メインタイトルをひねり出しましょう。

独自の表現ではなく、誰にでもわかる平易な単語を使うのがコツです。

◆のぼりの役割&経営者や店主の役割。

のぼりの役割は、「行きかう人の足を止めさせて店内に誘導するまで」です。

実際に店に入って、のぼりにあるメニューを頼んでみて、美味しければリピーターになってくれます。

自然と客が増え商売繁盛となります。

そうなるのはのぼりの力ではなく、店の味、つまりシェフの腕次第です。

食べ物屋ではなく、イベントや製品販売の店なら、面白さやサービスの良さ、製品の満足度が繁盛の度合いを決めます。

のぼりの役割ではありません。

◆のぼり旗の出来映えがどんなに良くても、“のぼりで人気を獲得し繁盛店になる”ということはありません。

のぼりの出来が素晴らしく良くても、店やイベントの出し物とのギャップがヒドければ、いずれ客足は遠のいてしまいます。

人気を獲得できるかどうかは、店のオリジナリティやメニュー・味付けの問題であり、のぼりが負うところではありません。

のぼりは往来の客を店内に誘い込むまでが使命です。

このエントリーをはてなブックマークに追加