のぼりのデザイン制作って、素人にはむずかしいですか?

のぼり作りで気になること。この際しっかり聞いておこう!

のぼりのデザインは完璧である必要はない。理想の画像やサムネイルの添付だけでもオリジナルのぼりは実現できる。

のぼり作りで気になること。この際しっかり聞いておこう!のメイン画像

のぼりのデザイン制作って、素人にはむずかしいですか?

のぼりのデザイン制作は、データ作成まで完璧に行なう必要はありません。

サムネイルや理想の画像を添付するなどすれば、それだけでもオリジナルのぼりを実現できます。

◆進化してオーダーしやすくなったのぼり店。

のぼりデザインや印刷を受ける側のショップも、いろいろな工夫や進化を重ねて、素人でも簡単に制作しオーダーできるようになっています。

たとえばのぼりショップが提供するテンプレートを使って簡単に作れる方法や、WEBの動画を参考に素材と文字を置くだけでデータが作成できる方法、またAdobe Illustratorという制作専用ソフトを使い、自分ですべての入稿データを制作する方法などがあります。

◆サムネや写真・画像の添付で思いを伝える。

自分でパソコンを使うのが面倒という人は、サムネや要望書、写真・画像の添付などを行えば、それだけでものぼりの発注はできます。

やりやすい手段を使って、意思を伝えていきましょう。

完璧にデザインすることが大事なのではなく、うまくデザインの趣旨を伝えてプロにやってもらうことが重要です。

それも立派なオリジナルデザインの手段です。

データ作成を考える必要はありません。

◆のぼりのデザインは限られたスペースを、無駄なくどこまで有効に使い切るかがポイント。

要素の入れすぎには注意しましょう。

サムネイルを自分で描けば、だいたいのスペース取りはわかるでしょうが、要素は少なく簡潔であったほうが、伝わりやすく明快なのぼりができます。

のぼり店サイトにあるサンプルを参考に、“短めのキャッチ&タイトル”などで、余分な事柄は極力排除するようにしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加