バイクのエンジンのしくみ

SITE MENU

バイクを正しく学ぶ

バイクを正しく学ぶmainイメージ

エンジンはどのように燃料を動力へと変え、タイヤを動かしているのかご存知ですか?実は難しそうですが、聞いてみると単純なしくみなのです。

バイクのエンジンのしくみ

皆さんバイクはお好きですか?バイク好きには様々な種類がいます。

様々なレアバイクを集めるのが好きなコレクタータイプやとにかく乗り回すのが好きなツーリストタイプ、そして今回の主題となるバイクのエンジンなどをいじるのが好きな改造タイプです。

この改造タイプの中にも様々なタイプの人がいて、マフラーやボディ、ハンドルなどを変える人や、実際にエンジンやギヤなどをいじる人がいます。

今回はバイクのエンジンをいじる人になってみたい方や、バイクのエンジンの構造を知ってみたい人のために、バイクのエンジンについて簡単にご説明させていただきます。

車やバイクなど、どの乗り物でも重要な部分と言ったらエンジンです。

重要という点では同じなのですが、実際のところ見た目から何から全然違います。

他に唯一同じ点といったらベースであるどのように燃料をチカラに変えるかです。

これを一言で説明すると空気と燃料が混ざり、そこに火花が散って爆発する。

そうするとその爆発がチカラとなり、それを動力にすれば晴れて乗り物を動かすことができます。

バイクでいう、タイヤの回転にチカラを費やせば前に進むといった感じですね。

もう少し具体的にすると、バイクのプラグが爆発を起こすことにより、その下にあるピストンが上下に動き、エンジン内部のクランクやギヤにタイヤを回転させる動力を伝えるといった形です。

ということで、簡単に言えば、この爆発がピストンを上下に動かし、その上下運動が様々な器具を動かしタイヤを動かしているのです。

その他にも気になるバイクのことはネットで調べてみることをおすすめします。

バイクを正しく学ぶ Copyright www.prolamy.com.All Rights Reserved.